ホーム > 技術情報 > 表面処理のグレードと特徴

表面処理のグレードと特徴

コーティング

最新の高性能工具にとってコーティングは欠かせない技術です。
工具のコーティングにとって、以下の事項が重要です。

  • 表面硬度を高めて、耐摩耗性を増強。
  • 工具と切屑の間の摩擦を軽減して切屑排出を容易にし、刃先溶着を防止。
  • コーティングにより熱伝達が妨げられて、温度上昇による軟化を防止。
  • コーティングにより着色されるので、工具の摩耗状態の判定が容易。

グーリングのコーティングは多様なハードコーティングとソフトコーティング(MolyGlide)の2グループがあ ります。

コーティングの特性

 
S-Coating
TiAlN
C-Coating
FIRE/
nanoFIRE
SUPER A
プロセス PVD PVD PVD PVD PVD
コーティング
温度
400℃

500℃
400℃

500℃
400℃

500℃
400℃

500℃
400℃

500℃
適応母材 HSS/ 超硬 HSS/ 超硬 HSS/ 超硬 HSS/ 超硬 HSS/ 超硬
単層 単層 グラデー
ション
多層 単層
ゴールド ブラック
バイオレット
グレイ
バイオレット
レッド
バイオレット
ダーク
グレイ
厚さ
[μm]
1.5-4.0 1.5-4.0 1.5-5.0 1.5-4.0 1.5-4.0
硬度
[HV0.05]
2200 3300 3000 3300 3400
摩擦係数 0.5 0.5 0.4 0.6 0.6
最大使用温度 <600℃ <800℃ <450℃ <800℃ <900℃
脱コーティング
可否
再コーティング
可否
不可
適応加工 汎用 穴あけ、ボーリング 穴あけ、ミーリング、タッピング加工 汎用 汎用(特にミーリング加工に適)
適応被削材 汎用 鋼、インコネル、モネル等 汎用 高硬度鋼、ダクタイル鋳鉄、インコネル、アルミ合金等
特徴 経済的 耐熱性 耐衝撃性 汎用性 HSC加工、重切削
 
nano A
Signum
MolyGlide
Carbo
Diamond
プロセス PVD PVD PVD PVD CVD
コーティング
温度
400℃

500℃
400℃

500℃
100℃

150℃
<200℃ >700℃
適応母材 HSS/ 超硬 超硬 HSS/ 超硬 HSS/ 超硬 超硬
単層 多層 単層 単層 単層
ダーク
グレイ
ブロンズ シルバー ブラック ブラック
グレイ
厚さ
[μm]
1.5-4.0 1.5-5.0 0.2-0.5 1.0-1.5 -
硬度
[HV0.05]
3400 5500 20-50 >6000 >8000
摩擦係数 0.6 0.55 0.1 < 0,1 < 0,1
最大使用温度 <900℃ <800℃ - <600℃ <600℃
脱コーティング
可否
不可 不可 不可
再コーティング
可否
不可 不可
適応加工 穴あけ、ミーリング、リーマ加工 穴あけ、ミーリング加工 穴あけ、ミーリング、リーマ、タッピング加工 穴あけ、ミーリング、リーマ、タッピング加工 穴あけ、ミーリング、旋盤加工
適応被削材 鋼、ステンレス鋼 汎用(特に高強度鋼や難削材) アルミ、アルミ合金、鋼、特殊合金等 アルミ、アルミ合金、プラスチック グラファイト、プラスチック、CFRP、アルミ合金等
特徴 耐摩耗、耐衝撃性 高硬度 摩擦減少 アルミ合金加工 CFRP、アルミ合金加工等

ページトップへ戻る