ホーム > 技術情報 > トラブルシューティング(HSSドリル)

トラブルシューティング(HSSドリル)

トラブルシューティング一覧

  現象 原因 対策
ドリルの折損 切削中に折損が多い
  • 送り速度過大
  • 送り速度を下げる
  • 切屑づまり
  • ステップ回数を増
  • オイルホールドリルを使用する
  • ドリル形状不適
  • ねじれ角と、ウェブの大きいものを使用する
  • シンニングを施す
  • 貫通時過負荷
  • 駆動部のガタを調整、貫通時の送りを下げる
テーパドリルのタングの折損
  • テーパシャンク部にきず
  • テーパシャンクのキズ除去
  • スリープのきず
  • スリープを交換
摩耗 外周コーナの摩耗
  • 切削速度過大
  • 切削速度を下げる
  • 刃先形状不適
  • 刃先形状(先端角、シンニング)を変える
  • ドリル材質不適
  • ドリル材質を変える
  • 切削液不適
  • 切削液を変える
チッピング チゼル部の摩耗及び欠損
  • 送り速度過大
  • 送り速度を下げる
  • 刃先形状不適
  • 逃げ角を小さくする
  • ドリル材質不適
  • 材質を変える
構成刃先 マージン部に溶着
  • 切刃摩耗による発熱大
  • 早期に再研磨を行う
  • 切削液の供給不足
  • 切削液を多量にかける
  • 切削液不適
  • 切削液を変える
  • 切屑の逃げが悪い
  • ドリル形状を変える
ビビリ 切削中ビビリを発生する
  • 逃げ角が大きい
  • 逃げ角を小さくする
  • ドリルの剛性不足
  • 剛性あるドリルを使用する
  • ドリルの突出量を減らす
穴寸法の拡大 仕上穴が大きくなる
  • 先端角が対称でない
  • 先端角の再研磨
  • リップハイト差が大きい
  • リップハイト差を小さく再研磨
仕上穴寸法のバラツキ
  • チゼルポイントの偏心
  • 再研磨しシンニングを施す
  • ドリルの振れ大
  • 機械、取付部、工具の振れのチェック
  • 送り速度過大
  • 送り速度を下げる
加工精度 穴真直度不良
  • 工具摩耗
  • 再研磨を行う
  • 工具形状不適
  • リップハイトの差の小さく
  • ドリル剛性不足
  • ウェブの厚いものを使用
穴直角度不良
  • 被削面が水平でない
  • さぐりを行ってから加工する
  • ジグブッシュを使用
穴真円度不良
  • 加工方向(横及び斜穴)
  • ジグブッシュを使用
  • 加工方法の変更
  • 切削中の振れ
  • センタードリルで前加工する
仕上面粗さ 仕上面粗度の悪さ
  • 切刃の摩耗大
  • 再研磨を行う
  • 送り速度過大
  • 送り速度を下げる
  • 切削液の供給不足
  • 供給を増大する
  • マージン部の溶着
  • 再研磨を行う
  • 切屑づまり
  • ステップフィードの回数を多くする
位置ずれ 穴ピッチのバラツキ
  • センター合わせ不良
  • センタードリルで位置決めする
  • 工具形状不適
  • シンニングを施す
位置決め精度不良
  • ドリルの振れ
  • スタブに変更
  • 機械主軸の振れ
  • 主軸を再調整

ページトップへ戻る