ホーム > 技術情報 > トラブルシューティング(超硬ドリル)

トラブルシューティング(超硬ドリル)

トラブルシューティング一覧

01構成刃先

原因

  • 遅い切削速度
  • 切れ刃の過剰ホーニング
  • 切れ刃がブライト仕上げ

対策

  • 切削速度の増大
  • ホーニングの低減
  • コーティング実施
05ランドの摩耗

原因

  • 剛性不足、被削材の固定不十分
  • 同心度のずれ大
  • 小さすぎるバックテーパ
  • 不適切なクーラント/潤滑油、低い水溶性油濃度

対策

  • 被削材を十分に固定
  • 同心度補正(可能な場合
  • バックテーパの増加
  • 水溶性油濃度の増加、ストレート油使用
09刃先外周部の塑性変形

原因

  • 速い切削速度
  • ホーニングが不正確または欠如
  • 面取りが不正確または欠如

対策

  • 切断速度の低下
  • 正確なホーニングの実施
  • 正確な面取りの実施
02刃先外周部の欠損

原因

  • 剛性不足、被削材の固定不十分
  • 同心度のずれ大
  • 断続切削

対策

  • 被削材を十分に固定
  • 同心度補正(可能な場合)
  • 送り量の低下
06工具ボディの焼付き

原因

  • 剛性不足、被削材の固定不十分
  • 同心度のずれ大
  • 断続切削
  • 被切削表面のざらつき

対策

  • 被削材を十分に固定
  • 同心度補正(可能な場合)
  • 送り量の低下
  • 水溶性油濃度の増加、ストレート油使用
10直進度のずれと軸ずれ

原因

  • 剛性不足、被削材の固定不十分
  • 同心度のずれ大
  • 心出し位置が横移動
  • 大きすぎるチゼルエッジ

対策

  • 被削材を十分に固定
  • 同心度補正(可能な場合)
  • 心出し用フライス盤(2溝)を使用
  • チゼルエッジの縮小
03逃げ面の過大な摩損と亀裂

原因

  • 速い切削速度
  • 低い送り量
  • 小さすぎる逃げ角度

対策

  • 切削速度の低下
  • 送り量の増大
  • 逃げ角の拡大
07チゼルエッジの摩損と亀裂

原因

  • 遅い切削速度
  • 高い送り量
  • 切れ刃の過剰ホーニング

対策

  • 切削速度の増大
  • 送り量の減少
  • ホーニングの低減
11穴あけ開口面の大きなバリ

原因

  • 高い送り量
  • 摩耗と亀裂の限界超過
  • 切れ刃の過剰ホーニング

対策

  • 送り量の減少
  • 工具交換の間隔を短縮
  • ホーニングの低減
04切れ刃部分の欠損

原因

  • 剛性不足、被削材の固定
  • 断続切削
  • 摩耗と亀裂の限界超過
  • 不適切な工具使用

対策

  • 被削材を十分に固定
  • 送り量の低下
  • 工具交換の間隔を短縮
  • 適切な工具の使用
08心厚シンニング部と切れ刃部分の交差面の欠損

原因

  • 小さすぎる逃げ角
  • 切れ刃の過剰ホーニング
  • 不適切な工具使用

対策

  • 逃げ角の増加
  • ホーニングの低減
  • 適切な工具の使用
12面粗度不良

原因

  • 剛性不足、被削材の固定不十分
  • 同心度のずれ大
  • クーラント量の不足

対策

  • 被削材を十分に固定
  • 同心度補正(可能な場合)
  • クーラントの量と圧力増加

ページトップへ戻る