ホーム > 企業情報 > 沿革

企業概要

1898
Dr. Jorg Guhringの祖父Gottlieb Guhringにより創立。
1921
Oskar Guhringが会社の経営にあたる。
経済恐慌による苦難の時代を経て、第二次大戦直前から大戦中にかけて経済成長の恩恵を受ける。
大戦終了後は多くの企業と同様に大半の生産設備を失う。
1948
会社の再建に取り掛かる。
1952
突然の景気上昇により、事業活動拡張に成功。
1964
Dr. Jorg Guhringが経営管理学の研究課程を修了し、博士号を取得した後、入社。
1965
ベルリン−ライニケンドルフにHSSツィストドリル生産工場を立ち上げる。
1973
イギリスに最初の子会社を設立。
1981
グーリングジャパン設立。
1982
広島営業部開設。
1983
グーリング・グループ最大の工場がシグマリンゲン−ライツで操業開始。
名古屋営業所開設。
1984
大阪事務所開設。
1985
Oskar Guhring死去後、Dr. Jorg Guhringが単独オーナー兼会長に就任。
1987
名古屋で製造工場が稼働開始。
1990
グーリングの特許であるHSKの開発。
1998
創立百周年。
1999
グーリングジャパンの本社を中央区月島に移転。
2000
グーリングジャパンの資本金を16,850万円に増資。
名古屋工場にドリル研削ユニバーサル機を2台増設。
2004
浜松事務所開設。

ページトップへ戻る